他球団で“4人目外野手”か マリナーズ青木の気になる来季

公開日:  更新日:

 イチローを筆頭に多くの日本人選手がプレーしたセーフコフィールドのグラウンドに立つのは今季限りになりそうだ。

 6日(日本時間7日)に傘下3Aタコマから昇格したマリナーズのベテラン・青木宣親(34)のことだ。

 昨年12月に結んだ契約には、今季480打席に到達すれば、17年は年俸550万ドル(約5億7000万円)で契約更新されるオプションが付いている。今季ここまで98試合に出場し、打率2割6分5厘、1本塁打、16打点、6盗塁。出場機会に恵まれず、打席数は389にとどまっている。すでに青木の後釜として左翼にはキューバ出身のヘレディア(25)が左翼で起用されているため、契約更新に必要な打席数に届くのは絶望的だ。

 今季2度目のマイナー降格の際、地元メディアはこぞって「マリナーズはノリ(青木)との再契約を見送る方針」と伝えており、現状では今オフFAになる見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る