他球団で“4人目外野手”か マリナーズ青木の気になる来季

公開日:  更新日:

 イチローを筆頭に多くの日本人選手がプレーしたセーフコフィールドのグラウンドに立つのは今季限りになりそうだ。

 6日(日本時間7日)に傘下3Aタコマから昇格したマリナーズのベテラン・青木宣親(34)のことだ。

 昨年12月に結んだ契約には、今季480打席に到達すれば、17年は年俸550万ドル(約5億7000万円)で契約更新されるオプションが付いている。今季ここまで98試合に出場し、打率2割6分5厘、1本塁打、16打点、6盗塁。出場機会に恵まれず、打席数は389にとどまっている。すでに青木の後釜として左翼にはキューバ出身のヘレディア(25)が左翼で起用されているため、契約更新に必要な打席数に届くのは絶望的だ。

 今季2度目のマイナー降格の際、地元メディアはこぞって「マリナーズはノリ(青木)との再契約を見送る方針」と伝えており、現状では今オフFAになる見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る