ソフトB泣きっ面に蜂 15勝和田がCS1stステージ回避濃厚

公開日: 更新日:

 弱り目にたたり目、一難去ってまた一難。いくら言葉を重ねても、今のソフトバンクを言い表すには不十分だ。

 リーグ単独トップ15勝(5敗)の左腕エース・和田毅(35)がCSファーストステージを回避することが濃厚になった。29日、工藤監督は「今の感じでは難しい」と報道陣に説明。和田は23日に左ヒジ違和感で登録抹消後もチームに帯同しているが、状態は上がらず。10月8日からのファーストステージどころか、ファイナルステージでの登板も見通しが立たない。

 ソフトバンクは日本ハムに最大11.5ゲーム差をつけながら、まさかのV逸。その上、ロッテに3勝1敗、日本ハムにも4勝1敗と相性の良いエースの離脱だ。日本シリーズ出場以前に、3位ロッテに返り討ちにされてもおかしくない。

「和田は成績もさることながら、投手陣の精神的支柱としても、存在感を発揮していた。若手がフォームの相談に来たらアドバイスをしてやり、負けが込んでいる時はプロのマジシャンをベンチ裏に呼んでナインをリラックスさせていた。ダメージは計り知れませんよ」(球団OB)

 そういえば、ソフトバンクにはもう一人、メジャー帰りの先発投手がいた気がしたが、だからといって和田の代わりなど務まるはずもない。

 まさに絶体絶命だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る