ソフトB泣きっ面に蜂 15勝和田がCS1stステージ回避濃厚

公開日:  更新日:

 弱り目にたたり目、一難去ってまた一難。いくら言葉を重ねても、今のソフトバンクを言い表すには不十分だ。

 リーグ単独トップ15勝(5敗)の左腕エース・和田毅(35)がCSファーストステージを回避することが濃厚になった。29日、工藤監督は「今の感じでは難しい」と報道陣に説明。和田は23日に左ヒジ違和感で登録抹消後もチームに帯同しているが、状態は上がらず。10月8日からのファーストステージどころか、ファイナルステージでの登板も見通しが立たない。

 ソフトバンクは日本ハムに最大11.5ゲーム差をつけながら、まさかのV逸。その上、ロッテに3勝1敗、日本ハムにも4勝1敗と相性の良いエースの離脱だ。日本シリーズ出場以前に、3位ロッテに返り討ちにされてもおかしくない。

「和田は成績もさることながら、投手陣の精神的支柱としても、存在感を発揮していた。若手がフォームの相談に来たらアドバイスをしてやり、負けが込んでいる時はプロのマジシャンをベンチ裏に呼んでナインをリラックスさせていた。ダメージは計り知れませんよ」(球団OB)

 そういえば、ソフトバンクにはもう一人、メジャー帰りの先発投手がいた気がしたが、だからといって和田の代わりなど務まるはずもない。

 まさに絶体絶命だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る