山崎裕之氏が指摘 戦力充実なソフトBに「足りないもの」

公開日: 更新日:

 とうとう形だけの首位と成り果てた。

 ソフトバンクは、18日の西武戦に負けて3連敗。0.5ゲーム差の2位日本ハムが勝ったことで首位転落かと思われたが、勝率ではかろうじてソフトバンクが1厘上。これにより、「マイナス0.5ゲーム差の首位」という珍事となった。

 それでも日ハムに最大11.5ゲーム差をひっくり返されたのは事実。最大の要因はやはり、打線の低迷だろう。オフに昨季31本塁打の主砲、李大浩がメジャー移籍。4番に巧打者の内川を据え、つなぎの野球にシフトした。前半戦は結果が出ていたものの、もっかチーム打率.257はリーグ3位だ。

 評論家の山崎裕之氏は「運もあります」と、こう話す。

「打者には調子の波というものがある。年間を通じて好調を維持している選手なんて、極めてまれなケースですから。ソフトバンクは夏頃から、主力のほとんどが調子を落としている。こればかりは仕方がないと言えば仕方がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る