• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山崎裕之氏が指摘 戦力充実なソフトBに「足りないもの」

 とうとう形だけの首位と成り果てた。

 ソフトバンクは、18日の西武戦に負けて3連敗。0.5ゲーム差の2位日本ハムが勝ったことで首位転落かと思われたが、勝率ではかろうじてソフトバンクが1厘上。これにより、「マイナス0.5ゲーム差の首位」という珍事となった。

 それでも日ハムに最大11.5ゲーム差をひっくり返されたのは事実。最大の要因はやはり、打線の低迷だろう。オフに昨季31本塁打の主砲、李大浩がメジャー移籍。4番に巧打者の内川を据え、つなぎの野球にシフトした。前半戦は結果が出ていたものの、もっかチーム打率.257はリーグ3位だ。

 評論家の山崎裕之氏は「運もあります」と、こう話す。

「打者には調子の波というものがある。年間を通じて好調を維持している選手なんて、極めてまれなケースですから。ソフトバンクは夏頃から、主力のほとんどが調子を落としている。こればかりは仕方がないと言えば仕方がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る