10勝3割22本…日ハム大谷「3年12億円」複数年契約も浮上

公開日: 更新日:

 4年ぶりにリーグ優勝した日本ハム。投打にわたってチームを牽引した大谷翔平(22)が、今年のパ・リーグMVPに選ばれるのはほぼ確実だ。

 投げては自らの日本記録を更新する164キロをマークして10勝4敗、防御率1.86。打っては打率.322、22本塁打、67打点(数字はいずれも28日現在)。投打ともケチのつけようのない数字だし、重要な試合や局面で結果を出した。胴上げ投手となった昨夜の西武戦にしても、1安打完封の15奪三振。相手に付け入る隙を与えなかった。

 今季年俸は2億円。5年目を迎える来季年俸はいったい、どこまでハネ上がるのか。

 大谷の査定は基本的に、ダルビッシュ(現レンジャーズ)の日本ハム時代の年俸がモデルケースになっているという。2人の年俸の推移は1年目の1500万円、2年目の3000万円までは一緒。3年目はダルの7200万円に対し、大谷は1億円。そして4年目は2億円で並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  6. 6

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  7. 7

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  8. 8

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る