10勝3割22本…日ハム大谷「3年12億円」複数年契約も浮上

公開日: 更新日:

 4年ぶりにリーグ優勝した日本ハム。投打にわたってチームを牽引した大谷翔平(22)が、今年のパ・リーグMVPに選ばれるのはほぼ確実だ。

 投げては自らの日本記録を更新する164キロをマークして10勝4敗、防御率1.86。打っては打率.322、22本塁打、67打点(数字はいずれも28日現在)。投打ともケチのつけようのない数字だし、重要な試合や局面で結果を出した。胴上げ投手となった昨夜の西武戦にしても、1安打完封の15奪三振。相手に付け入る隙を与えなかった。

 今季年俸は2億円。5年目を迎える来季年俸はいったい、どこまでハネ上がるのか。

 大谷の査定は基本的に、ダルビッシュ(現レンジャーズ)の日本ハム時代の年俸がモデルケースになっているという。2人の年俸の推移は1年目の1500万円、2年目の3000万円までは一緒。3年目はダルの7200万円に対し、大谷は1億円。そして4年目は2億円で並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る