武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

テニス新星・大坂なおみに心配な日本人離れしていない性格

公開日: 更新日:
成長著しい大坂なおみ(C)日刊ゲンダイ

 錦織圭で人気沸騰のテニスだが、一喜一憂は危険な罠だ。テニスのツアー日程は、男子のATPで4週、女子のWTAで8週のオフを挟むだけ、グランドスラムが1年に4度という目まぐるしい年間スケジュールに一喜一憂の暇はない。息を抜けばライバルはたちまち飛び越えていく。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  9. 9

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る