優勝狙う前に…西武・辻新監督の命題は“ザル守備”の改善

公開日: 更新日:

「言うはやすし、行うは難し」という言葉もあるが、さて……。

 来季から西武の采配をとることになった球団OBの辻発彦新監督(57)。現役時代は黄金期を支えた名二塁手。期待されているのも当然、守備走塁面での立て直しだ。

 鈴木球団本部長は3日の監督就任会見後、こう話していた。

「ウチは打つ方の破壊力はあるが、投手や守備のテコ入れをしなきゃいけない。走塁ミスも多かった。辻監督は作戦も自分でやっていたことがある(今季は中日作戦兼内野守備走塁コーチ)」

 その上で、「1年目から優勝を目指してほしい? もちろん」と言った。

 3年連続Bクラスからいきなり優勝争いとなると、課題は山積みだ。中でも問題は今季12球団最多の101失策を記録した守備。内野だけでも65個だ。西武OBで、やはり名二塁手として知られた山崎裕之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る