• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黄金時代コーチ黒江氏も心配…西武・辻新監督の不安材料

 一歩間違えれば、「あの人」と同じ轍を踏みかねない。

 西武の辻発彦新監督(57)が昨3日、所沢市内の球団事務所で就任会見を行った。報道陣からは12球団最多だった今季の101失策について、守備面での質問が殺到。辻新監督は、「まずは選手個々の技術力でしょう。なぜ失策が多いのか。そこを考えなきゃいけない」と話し、さらに最近の選手気質についても言及した。

「(中日などで)コーチをしていて、話が食い違うことがあった。ゆとり世代、ですか。精神的に弱い選手が多いのかなと感じることもある。広岡監督の管理野球? 今はああいう感じは難しいけど、あの経験は非常に力になった。ただ、今は頭ごなしにやっても……。ユニホームを着たらガッと(強い言葉が)出ますけど、それは仕方ない(笑い)」

 とはいえ、コーチと監督とでは選手に対する接し方はまるで違う。良い例が就任1年目の14年6月に休養した西武の伊原元監督だ。巨人ヘッドコーチ時代は鬼軍曹として選手を教育。憎まれながらも、チームをまとめていた。が、監督になっても自分の考えを選手に押し付けるや、総スカンを食った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る