黄金時代コーチ黒江氏も心配…西武・辻新監督の不安材料

公開日:  更新日:

 一歩間違えれば、「あの人」と同じ轍を踏みかねない。

 西武の辻発彦新監督(57)が昨3日、所沢市内の球団事務所で就任会見を行った。報道陣からは12球団最多だった今季の101失策について、守備面での質問が殺到。辻新監督は、「まずは選手個々の技術力でしょう。なぜ失策が多いのか。そこを考えなきゃいけない」と話し、さらに最近の選手気質についても言及した。

「(中日などで)コーチをしていて、話が食い違うことがあった。ゆとり世代、ですか。精神的に弱い選手が多いのかなと感じることもある。広岡監督の管理野球? 今はああいう感じは難しいけど、あの経験は非常に力になった。ただ、今は頭ごなしにやっても……。ユニホームを着たらガッと(強い言葉が)出ますけど、それは仕方ない(笑い)」

 とはいえ、コーチと監督とでは選手に対する接し方はまるで違う。良い例が就任1年目の14年6月に休養した西武の伊原元監督だ。巨人ヘッドコーチ時代は鬼軍曹として選手を教育。憎まれながらも、チームをまとめていた。が、監督になっても自分の考えを選手に押し付けるや、総スカンを食った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る