本命逃した西武の消極人事 辻発彦氏に監督要請の紆余曲折

公開日:  更新日:

 他の候補者に比べると、地味な印象は拭えない。

 田辺監督が辞任した西武。後釜は中日の辻発彦作戦兼内野守備コーチ(57)が確実視されている。辻コーチは30日、監督就任要請があったことを明かし、「きょう、あす中にお返事します」と話した。

 当初、西武が「本命」としていたのは球団OBでソフトバンク前監督の秋山幸二氏(54)。しかし、水面下の打診も色よい返事をもらえず、断念せざるを得なかった。あるホークスOBが言う。

「秋山さんはソフトバンクでの返り咲きを狙っている。今季はまさかのV逸で、球団内での工藤監督の評価は急落。3年契約最終年の来季限りでの退任が濃厚です。秋山さんはそうした気配を察知したようで、西武の監督要請を断ったそうです」

 次に西武はヤクルトOBの宮本慎也氏(45)招聘に動いた。音頭を取っていたのは、同じプリンスホテル野球部出身の居郷球団社長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る