日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本命逃した西武の消極人事 辻発彦氏に監督要請の紆余曲折

 他の候補者に比べると、地味な印象は拭えない。

 田辺監督が辞任した西武。後釜は中日の辻発彦作戦兼内野守備コーチ(57)が確実視されている。辻コーチは30日、監督就任要請があったことを明かし、「きょう、あす中にお返事します」と話した。

 当初、西武が「本命」としていたのは球団OBでソフトバンク前監督の秋山幸二氏(54)。しかし、水面下の打診も色よい返事をもらえず、断念せざるを得なかった。あるホークスOBが言う。

「秋山さんはソフトバンクでの返り咲きを狙っている。今季はまさかのV逸で、球団内での工藤監督の評価は急落。3年契約最終年の来季限りでの退任が濃厚です。秋山さんはそうした気配を察知したようで、西武の監督要請を断ったそうです」

 次に西武はヤクルトOBの宮本慎也氏(45)招聘に動いた。音頭を取っていたのは、同じプリンスホテル野球部出身の居郷球団社長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事