• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルも要注意…遺恨渦巻く地区S両軍に早くも不穏な空気

 ア・リーグの地区シリーズは血で血を洗う展開になるかもしれない。

 4日(日本時間5日)のワイルドカードゲームはブルージェイズが延長十一回、オリオールズにサヨナラ勝ち。6日(同7日)からの地区シリーズではダルビッシュ(30)のレンジャーズと対戦する。

 レンジャーズとブルージェイズの間には遺恨が渦巻いている。昨年の地区シリーズ、ブルージェイズがリーグ優勝決定戦進出を決めた第5戦のことだ。主砲・バティスタが試合を決める一発を放った際、バットを放り投げたことにレンジャーズナインが「挑発だ!」と激高。これが伏線となり、今年5月の直接対決ではバティスタへの死球がきっかけとなって大乱闘に発展している。死球で出塁したバティスタが、併殺阻止を狙って二塁ベース上のオドア目掛けて危険なスライディングを試み、両軍選手の殴り合いに発展。暴言を吐いたブルージェイズ・ギボンズ監督も含め両軍合わせて8人が退場処分を食らった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る