日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリオールズvsブルージェイズ いずれもダルは一発に警戒

 ポストシーズンは4日(日本時間5日)、ブルージェイズ、オリオールズによるア・リーグのワイルドカード(WC)ゲーム(トロント)で開幕。

 この試合の勝者が6日(同7日)からの地区シリーズ(5回戦制)でダルビッシュ有(30)のレンジャーズと対戦する。

 両軍のどちらが地区シリーズに勝ち上がっても、7日(同8日)に登板予定のダルは配球で細心の注意が求められる。両チームとも打線が強力だからだ。

 オリオールズは本塁打王(47本)のトランボを筆頭に、デービス(38本)マチャード(37本)と主軸が揃って30発以上を放った。ブルージェイズも打点王(127)で、リーグ3位の42本塁打のエンカーナシオン、37本塁打のドナルドソンら、リーグを代表する打者が揃う。チーム本塁打数はオリオールズが253本(メジャートップ)、ブルージェイズが221本(同4位)で、ともに破壊力抜群だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事