• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プチスイング改造で「飛距離」「安定感」高めるレッスン3

【テーマ1】体幹を使い力強いトップ

 ツアープロのスイングとアマチュアゴルファーのスイングを比較すると、明らかにツアープロの方が体幹がしっかり動いて力強く見える。ツアープロのトップを見ると左腕はしなやかに伸びているし、肩がしっかり入って背中には張りがある。

 対して、アマチュアのスイングを観察するとトップが弱々しい。左腕が折れ曲がっていたり、背中の張りもほとんどない。

 では、どうすればプロのような力強いトップをつくれるのか?

 ポイントはスイング中に左右の腕の長さを入れ替えることだ。テークバックでは徐々に左腕が伸び、右腕は右肘をたたむことで短く使う。

 これが正しくできると、肩がしっかり入り、背中の張りも強くなってくる。

 イラストを見ていただきたい。両手の間隔をあけてグリップしたら、グリップエンドをみぞおちあたりにくっつける。これで準備完了。後は、この状態からテークバックを開始する。ポイントは始動とともにグリップエンドを下げて左腕を伸ばし、右腕は左腕が伸びた分だけ縮める。

 テークバックで左腕を伸ばした時、左の肩甲骨が動いてくれば、それに伴って体幹がしっかりねじられてくる。実際のスイングでも左右の腕の長さを入れ替える意識を持つと、肩甲骨がしっかり動く。左腕がしなやかに伸びるし、肩がしっかり入った力強いトップをつくれるようになってくるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る