プチスイング改造で「飛距離」「安定感」高めるレッスン3

公開日:  更新日:

【テーマ1】体幹を使い力強いトップ

 ツアープロのスイングとアマチュアゴルファーのスイングを比較すると、明らかにツアープロの方が体幹がしっかり動いて力強く見える。ツアープロのトップを見ると左腕はしなやかに伸びているし、肩がしっかり入って背中には張りがある。

 対して、アマチュアのスイングを観察するとトップが弱々しい。左腕が折れ曲がっていたり、背中の張りもほとんどない。

 では、どうすればプロのような力強いトップをつくれるのか?

 ポイントはスイング中に左右の腕の長さを入れ替えることだ。テークバックでは徐々に左腕が伸び、右腕は右肘をたたむことで短く使う。

 これが正しくできると、肩がしっかり入り、背中の張りも強くなってくる。

 イラストを見ていただきたい。両手の間隔をあけてグリップしたら、グリップエンドをみぞおちあたりにくっつける。これで準備完了。後は、この状態からテークバックを開始する。ポイントは始動とともにグリップエンドを下げて左腕を伸ばし、右腕は左腕が伸びた分だけ縮める。

 テークバックで左腕を伸ばした時、左の肩甲骨が動いてくれば、それに伴って体幹がしっかりねじられてくる。実際のスイングでも左右の腕の長さを入れ替える意識を持つと、肩甲骨がしっかり動く。左腕がしなやかに伸びるし、肩がしっかり入った力強いトップをつくれるようになってくるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る