• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハムが日本Sへ王手 快投の有原にヤンキースも垂涎だった

 2年目とは思えぬふてぶてしさで、ソフトバンク打線を牛耳った。

 14日のCS3戦目、日本ハム先発は有原(24)。三回にソロ弾を浴びるも、7回5安打1失点と好投した。これで日本ハムはアドバンテージの1勝を含めて3勝1敗。日本シリーズ進出に王手をかけた。

 右腕の快投に日ハムベンチは歓喜。CSだけでなく、今季は11勝9敗で、自身初の2ケタ勝利に輝くなど、チームの優勝に貢献した。その一方で、切歯扼腕していたのが、遠く海を隔てたニューヨークの老舗球団ではないか。

 かつて有原が所属した早大野球部の関係者は「もともと、メジャー志向の強い選手でしたからね」と、こう話す。

「本人も一時期は日本球界を経ず、直接メジャーの門を叩こうと考えていたこともあったそうです。そうした動向を察知したのが、ヤンキース。球団幹部がわざわざ来日して、有原の投球を視察したこともあった。どうも、ヤンキースは本気で有原を口説き落とそうとしていたようです」

 しかし、有原は14年10月にプロ志望届を提出。ヤンキースの熱意は片思いに終わった。

 お立ち台では「いい守備に助けられたので、七回まで投げられました」と満面の笑み。まだまだ2年目の右腕だが、この調子で活躍すれば、将来は海を渡ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る