• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハムが日本Sへ王手 快投の有原にヤンキースも垂涎だった

 2年目とは思えぬふてぶてしさで、ソフトバンク打線を牛耳った。

 14日のCS3戦目、日本ハム先発は有原(24)。三回にソロ弾を浴びるも、7回5安打1失点と好投した。これで日本ハムはアドバンテージの1勝を含めて3勝1敗。日本シリーズ進出に王手をかけた。

 右腕の快投に日ハムベンチは歓喜。CSだけでなく、今季は11勝9敗で、自身初の2ケタ勝利に輝くなど、チームの優勝に貢献した。その一方で、切歯扼腕していたのが、遠く海を隔てたニューヨークの老舗球団ではないか。

 かつて有原が所属した早大野球部の関係者は「もともと、メジャー志向の強い選手でしたからね」と、こう話す。

「本人も一時期は日本球界を経ず、直接メジャーの門を叩こうと考えていたこともあったそうです。そうした動向を察知したのが、ヤンキース。球団幹部がわざわざ来日して、有原の投球を視察したこともあった。どうも、ヤンキースは本気で有原を口説き落とそうとしていたようです」

 しかし、有原は14年10月にプロ志望届を提出。ヤンキースの熱意は片思いに終わった。

 お立ち台では「いい守備に助けられたので、七回まで投げられました」と満面の笑み。まだまだ2年目の右腕だが、この調子で活躍すれば、将来は海を渡ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る