ハムが日本Sへ王手 快投の有原にヤンキースも垂涎だった

公開日:  更新日:

 2年目とは思えぬふてぶてしさで、ソフトバンク打線を牛耳った。

 14日のCS3戦目、日本ハム先発は有原(24)。三回にソロ弾を浴びるも、7回5安打1失点と好投した。これで日本ハムはアドバンテージの1勝を含めて3勝1敗。日本シリーズ進出に王手をかけた。

 右腕の快投に日ハムベンチは歓喜。CSだけでなく、今季は11勝9敗で、自身初の2ケタ勝利に輝くなど、チームの優勝に貢献した。その一方で、切歯扼腕していたのが、遠く海を隔てたニューヨークの老舗球団ではないか。

 かつて有原が所属した早大野球部の関係者は「もともと、メジャー志向の強い選手でしたからね」と、こう話す。

「本人も一時期は日本球界を経ず、直接メジャーの門を叩こうと考えていたこともあったそうです。そうした動向を察知したのが、ヤンキース。球団幹部がわざわざ来日して、有原の投球を視察したこともあった。どうも、ヤンキースは本気で有原を口説き落とそうとしていたようです」

 しかし、有原は14年10月にプロ志望届を提出。ヤンキースの熱意は片思いに終わった。

 お立ち台では「いい守備に助けられたので、七回まで投げられました」と満面の笑み。まだまだ2年目の右腕だが、この調子で活躍すれば、将来は海を渡ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る