ハムも人間性を評価 勝ち越しHRレアードは“超マジメ男”

公開日:

 日本シリーズ第4戦で同点の八回、勝ち越し2ランを打った後、すしを握り、焼き鳥を焼くパフォーマンスをした日本ハムのレアード(29)。

「今の気分? ソウデスネ。最高です。こんなにみんなが盛り上がってくれて幸せ。ファイターズ、ダイ“スシ”(好き)!」

 来日2年目の今季、39本塁打を放って本塁打王のタイトルを獲得。年俸は1億円だった。契約にシビアな日本ハムが先日、2年6億円で契約を延長したのは、成績もさることながら、彼の人間性を評価したという。投手の配球を頭に叩き込んで打席に向かうのが常。来日当初から、スコアラーを訪ねてビデオで打撃フォームをチェックし、調子が落ちてくるとどこが悪いのか尋ねた。疑問が解決するまで、ヒザを突き合わせた。日本シリーズでも、その姿勢は変わらない。この日の本塁打はスライダーを狙い打ってのものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る