阪神ヘイグ飼い殺し解雇へ…広島の助っ人起用法と正反対

公開日:  更新日:

「広島に入っていたら違った結果になったんじゃないか」

 阪神の助っ人・ヘイグ(31)についてこんな声が聞こえてきた。

 球団はすでにヘイグを解雇する方向で動き出し、新助っ人の調査に乗り出している。今季、31試合で打率.231、2本塁打、11打点。マートンの代役として期待が高かったことを考えれば、確かに物足りない。

 が、起用法に問題はなかったか。開幕から主に3番三塁で起用。スローイングに難はあったものの、開幕6試合で打率.444。対戦がひと回りした時点で打率.280、1本塁打、6打点と数字は下降線を描いたが、他球団には、「多少の調子の変動はあるにせよ、ヘイグが打つと打線につながりが生まれた。我慢して使われたら厄介だった」という声もある。

 金本監督は、調子を落とした途端に7番に打順を降格。その5試合後にあっさり二軍落ちさせて見切った。助っ人投手の起用を優先させる策だったとはいえ、19試合での降格はいかにも早い。再度昇格させた際も交流戦で打てないと見るや、アッサリと抹消。8月に右肩痛を訴えたのは、本人のモチベーションも影響したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る