阪神ヘイグ飼い殺し解雇へ…広島の助っ人起用法と正反対

公開日: 更新日:

「広島に入っていたら違った結果になったんじゃないか」

 阪神の助っ人・ヘイグ(31)についてこんな声が聞こえてきた。

 球団はすでにヘイグを解雇する方向で動き出し、新助っ人の調査に乗り出している。今季、31試合で打率.231、2本塁打、11打点。マートンの代役として期待が高かったことを考えれば、確かに物足りない。

 が、起用法に問題はなかったか。開幕から主に3番三塁で起用。スローイングに難はあったものの、開幕6試合で打率.444。対戦がひと回りした時点で打率.280、1本塁打、6打点と数字は下降線を描いたが、他球団には、「多少の調子の変動はあるにせよ、ヘイグが打つと打線につながりが生まれた。我慢して使われたら厄介だった」という声もある。

 金本監督は、調子を落とした途端に7番に打順を降格。その5試合後にあっさり二軍落ちさせて見切った。助っ人投手の起用を優先させる策だったとはいえ、19試合での降格はいかにも早い。再度昇格させた際も交流戦で打てないと見るや、アッサリと抹消。8月に右肩痛を訴えたのは、本人のモチベーションも影響したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  6. 6

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る