• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神ヘイグ飼い殺し解雇へ…広島の助っ人起用法と正反対

「広島に入っていたら違った結果になったんじゃないか」

 阪神の助っ人・ヘイグ(31)についてこんな声が聞こえてきた。

 球団はすでにヘイグを解雇する方向で動き出し、新助っ人の調査に乗り出している。今季、31試合で打率.231、2本塁打、11打点。マートンの代役として期待が高かったことを考えれば、確かに物足りない。

 が、起用法に問題はなかったか。開幕から主に3番三塁で起用。スローイングに難はあったものの、開幕6試合で打率.444。対戦がひと回りした時点で打率.280、1本塁打、6打点と数字は下降線を描いたが、他球団には、「多少の調子の変動はあるにせよ、ヘイグが打つと打線につながりが生まれた。我慢して使われたら厄介だった」という声もある。

 金本監督は、調子を落とした途端に7番に打順を降格。その5試合後にあっさり二軍落ちさせて見切った。助っ人投手の起用を優先させる策だったとはいえ、19試合での降格はいかにも早い。再度昇格させた際も交流戦で打てないと見るや、アッサリと抹消。8月に右肩痛を訴えたのは、本人のモチベーションも影響したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る