ダルと同じ道 日ハム大谷“独り舞台”で早まる日本離脱時期

公開日:

 負ければ王手をかけられた25日の第3戦。崖っぷちの日本ハムを救ったのは大谷翔平(22)だった。

 引退する黒田から2本の二塁打を放つと、延長十回裏にはサヨナラ適時打の独り舞台。お立ち台での本人は、試合を決めた一打に関して「見た感じボールだったけど、抜けてくれてよかった」とコメント。「(初戦は)僕の不甲斐ないピッチングで負けたので、取られた分の倍は取り返したい」と続けると、本拠地のスタンドは大いに沸いた。

 チーム内ではすでにお山の大将。4番の中田も大谷にはかなわないと白旗を揚げているうえ、対戦チームも大谷にはベタ降りだ。

 25日の広島バッテリーは八回2死二塁で大谷敬遠、中田勝負を選択。延長十回2死二塁では大谷を2ストライクと追い込みながら、わざわざマウンド付近で攻め方を確認。内角膝元に外れるボール球、つまり腰を引かせる配球をしたにもかかわらず、それをあっさりはじき返された。敵も味方も改めて、大谷は飛び抜けた存在だと痛感したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る