ダルと同じ道 日ハム大谷“独り舞台”で早まる日本離脱時期

公開日:

 負ければ王手をかけられた25日の第3戦。崖っぷちの日本ハムを救ったのは大谷翔平(22)だった。

 引退する黒田から2本の二塁打を放つと、延長十回裏にはサヨナラ適時打の独り舞台。お立ち台での本人は、試合を決めた一打に関して「見た感じボールだったけど、抜けてくれてよかった」とコメント。「(初戦は)僕の不甲斐ないピッチングで負けたので、取られた分の倍は取り返したい」と続けると、本拠地のスタンドは大いに沸いた。

 チーム内ではすでにお山の大将。4番の中田も大谷にはかなわないと白旗を揚げているうえ、対戦チームも大谷にはベタ降りだ。

 25日の広島バッテリーは八回2死二塁で大谷敬遠、中田勝負を選択。延長十回2死二塁では大谷を2ストライクと追い込みながら、わざわざマウンド付近で攻め方を確認。内角膝元に外れるボール球、つまり腰を引かせる配球をしたにもかかわらず、それをあっさりはじき返された。敵も味方も改めて、大谷は飛び抜けた存在だと痛感したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る