ダルと同じ道 日ハム大谷“独り舞台”で早まる日本離脱時期

公開日: 更新日:

 負ければ王手をかけられた25日の第3戦。崖っぷちの日本ハムを救ったのは大谷翔平(22)だった。

 引退する黒田から2本の二塁打を放つと、延長十回裏にはサヨナラ適時打の独り舞台。お立ち台での本人は、試合を決めた一打に関して「見た感じボールだったけど、抜けてくれてよかった」とコメント。「(初戦は)僕の不甲斐ないピッチングで負けたので、取られた分の倍は取り返したい」と続けると、本拠地のスタンドは大いに沸いた。

 チーム内ではすでにお山の大将。4番の中田も大谷にはかなわないと白旗を揚げているうえ、対戦チームも大谷にはベタ降りだ。

 25日の広島バッテリーは八回2死二塁で大谷敬遠、中田勝負を選択。延長十回2死二塁では大谷を2ストライクと追い込みながら、わざわざマウンド付近で攻め方を確認。内角膝元に外れるボール球、つまり腰を引かせる配球をしたにもかかわらず、それをあっさりはじき返された。敵も味方も改めて、大谷は飛び抜けた存在だと痛感したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る