ハム大盤振る舞い “6番打者”レアードと2年6億円の新契約

公開日:  更新日:

 日本ハムのレアード(29)といえば、今季39本塁打を放ったパのタイトルホルダー。全試合に出場して97打点を挙げるなど4年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献したとはいえ、その昇給の仕方は尋常じゃない。

 日本ハムは昨2日、レアードと新たに2年契約を結んだと発表。今季1億円だった年俸は、出来高払いも含めて2年総額6億円というのだから。

 優勝球団のカネの使い方にイチャモンをつけるつもりはサラサラないが、レアードはノーマークの下位打線において力を発揮するタイプ。今季は6番での先発出場が84試合と最も多く、7番の45試合、5番10試合、8番4試合の順。打順ごとの成績を見ると5番.122、0本、6番.261、21本、7番.293、16本、8番.375、2本と、下位に行けば行くほど高打率をマークしているのだ。

 レアードは今季で契約が切れるし、本塁打王にしては年俸も格安。性格も明るく、首脳陣にも従順だ。右の長距離打者が欲しい球団にとっては垂涎の選手だから、引き留めにはこれくらいのカネが必要だったということだろう。

「ファイターズ以外の球団でプレーする考えは一切ない」とは本人のコメントだが、これだけの大金を手にすればそれも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る