冷静さ保ったハム中田 屈辱の3番大谷敬遠に“怒りの一打”

公開日: 更新日:

 その屈辱はいかばかりだったか。

 25日の日本シリーズ第3戦、日本ハムの4番中田(27)が“怒りの一打”を放った。

 1点ビハインドの八回、2死二塁の場面で打者は3番大谷。ここで広島バッテリーは大谷を敬遠し、4番中田との勝負を選択した。大谷はこの日、広島先発の黒田から二塁打を2本打っている。対する中田は直前まで3タコ(1打点)。広島からすれば当然の作戦だろうが、4番打者にとっては屈辱の極み。怒りが込みあげてきたとしても不思議ではない。

 だが、打席に入った中田は、初球の落ちるボールには手を出さず、2球目のくさいコースも見送る。3球目の外角のスライダーをフルスイングすると、ラインドライブのかかった飛球に対してスライディングキャッチを試みた左翼の松山が後逸。逆転の2点適時打となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  10. 10

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

もっと見る