冷静さ保ったハム中田 屈辱の3番大谷敬遠に“怒りの一打”

公開日:  更新日:

 その屈辱はいかばかりだったか。

 25日の日本シリーズ第3戦、日本ハムの4番中田(27)が“怒りの一打”を放った。

 1点ビハインドの八回、2死二塁の場面で打者は3番大谷。ここで広島バッテリーは大谷を敬遠し、4番中田との勝負を選択した。大谷はこの日、広島先発の黒田から二塁打を2本打っている。対する中田は直前まで3タコ(1打点)。広島からすれば当然の作戦だろうが、4番打者にとっては屈辱の極み。怒りが込みあげてきたとしても不思議ではない。

 だが、打席に入った中田は、初球の落ちるボールには手を出さず、2球目のくさいコースも見送る。3球目の外角のスライダーをフルスイングすると、ラインドライブのかかった飛球に対してスライディングキャッチを試みた左翼の松山が後逸。逆転の2点適時打となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る