錦織が復帰戦8強 ベテラン相手に粘りのストレート勝ち

公開日: 更新日:

 男子テニスのスイス室内(バーゼル)は26日(日本時間27日未明)、男子シングルス2回戦を行い、世界ランキング5位で第3シードの錦織圭(26)が同38位のパオロ・ロレンツィ(34=イタリア)を7-6、6-2で下して準々決勝進出を決めた。

 故障(臀部痛)明けの錦織は34歳のベテランらしからぬ豊富な運動量に苦戦。第1セットは3度のブレークポイントを逃すなど、自身のミスから試合の主導権を握れない。タイブレークの末、第1セットを辛うじてものにした。

 第2セットになって、ようやくペースを掴む。第3ゲームで30-40のブレークポイントを得ると、あっさりと決めて、この試合で初めてブレークに成功。第7ゲームでは、観衆を魅了する股抜きを決めると、ネットプレーでポイントを奪うなど、相手を揺さぶりブレーク。第8ゲームではサービスエースを決めるなど、相手を寄せ付けずにキープし、8強入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る