錦織が復帰戦8強 ベテラン相手に粘りのストレート勝ち

公開日: 更新日:

 男子テニスのスイス室内(バーゼル)は26日(日本時間27日未明)、男子シングルス2回戦を行い、世界ランキング5位で第3シードの錦織圭(26)が同38位のパオロ・ロレンツィ(34=イタリア)を7-6、6-2で下して準々決勝進出を決めた。

 故障(臀部痛)明けの錦織は34歳のベテランらしからぬ豊富な運動量に苦戦。第1セットは3度のブレークポイントを逃すなど、自身のミスから試合の主導権を握れない。タイブレークの末、第1セットを辛うじてものにした。

 第2セットになって、ようやくペースを掴む。第3ゲームで30-40のブレークポイントを得ると、あっさりと決めて、この試合で初めてブレークに成功。第7ゲームでは、観衆を魅了する股抜きを決めると、ネットプレーでポイントを奪うなど、相手を揺さぶりブレーク。第8ゲームではサービスエースを決めるなど、相手を寄せ付けずにキープし、8強入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る