日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織臀部は軽症も 「相当な疲れ」とフィジカル専門家危惧

 症状は軽くても、深刻だ。

 男子テニスの錦織圭(26)は、楽天ジャパンオープンの2回戦を左臀部の痛みで棄権。次戦(9日開幕)の上海マスターズも欠場することが決まった。故障は重いものではなく、軽度の軽い筋膜炎。24日開幕のスイス室内選手権(バーゼル)には復帰するつもりのようだが、今後の試合出場は慎重な判断が必要だ。

 錦織は14年ごろから、左股関節、左ふくらはぎ、左脇腹、左臀部(=尻)というように、体の左側の故障が続いている。右利きの選手は左サイドを軸にしてボールを打つので、体の左側に大きな負担がかかるのは当然だが、「この箇所を痛めるということは相当疲れがたまっているはずです」と言うのは、フィジカルトレーナーの平山昌弘氏だ。

「左臀部は、動きの要となる股関節や骨盤に近い。疲れを取りきれないと痛めるケースが多く、注意が必要です。テニスのトップ選手は過密日程で、今年は五輪もあった。飛行機の長距離移動も体に負担がかかるし、ランキングが上がるほど毎試合強い相手と戦う。そこでハードな運動が要求される。シーズン中に疲れを取りきることはなかなか難しいのです。しかも、トップ選手はオフが短く、その間にスポンサーの仕事も多い。錦織選手クラスになると、技術のレベルアップ以上に体の効率的な使い方を会得し、疲労を軽くすることが重要になる。同時に、練習法、練習量、睡眠、入浴、マッサージなどにも気を使いながら、疲れと向き合うべきです」

 夏場の疲れが残っている錦織。無理をすると、取り返しがつかないことになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事