71年ぶり地元勝利に貢献 最速チャップマン“女性醜聞”遍歴

公開日: 更新日:

 メジャー最速守護神であるカブスのアロルディス・チャップマン(28)が本領発揮である。

 1勝3敗とインディアンスに王手をかけられて迎えた30日(日本時間31日)のワールドシリーズ第5戦。3-2と1点リードの七回1死から登板し、メジャー自己最長となる2回3分の2を1安打無失点、4奪三振。最速164キロ、ストレートの大半が160キロ超という圧巻の投球でインディアンス打線をねじ伏せ、チームに今シリーズ2勝目をもたらした。

 レッズから移籍した今季ヤンキースでは31試合で3勝0敗、20セーブ。チームの若返りの方針から7月にカブスに放出されると、新天地では1勝1敗、16セーブを挙げ、チームの71年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

■球も速いが手も早い

 09年7月に遠征先のオランダで亡命したキューバ人左腕は球が速いだけでなく、女性にも手が早いことで知られる。米国に渡った後は浮いた話に事欠かないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る