• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴重な“独り空間”なのに ハム大谷は今オフも免許取得せず

 昨オフのことだ。日本ハムの大谷翔平(22)は、同僚の中田(27)やダルビッシュ(30=現レンジャーズ)らと共に何度か自主トレを行った。

「そのトレーニング後だったと聞きました」と、日本ハムOBがこう言った。

「一緒に食事をすることになったのか、それともどこか別の場所へ移動しようとなったのかは知りませんけど、別々で目的地に向かうことに。そのときはダルも中田も自分の車でジムを後にした。ダルはまだ運転免許を持っていないはずなので、たぶん運転手付きの車で移動したのでしょう。大谷はそんな2人の姿を見て、自分にも免許があれば便利だろうなぁと思ったというのです」

 大谷の移動手段は電車かタクシー。そのときはおそらくタクシーを使ったのだろうが、自家用車があればわざわざタクシーを呼んだり拾ったりの手間は省ける。移動もスムーズだ。前出のOBによれば、「自家用車があれば、少なくとも移動中は車内でひとりきりになれる。周囲にはそういう環境ができるのは悪いことではないという関係者もいる」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る