大谷獲得へ あの西海岸チームが大物スカウト動員し大攻勢

公開日: 更新日:

 その瞬間、ネット裏のメジャースカウトたちはハトが豆鉄砲を食らったような表情を浮かべるやら、ため息をつくやら……。

 13日、日本代表のオランダ代表との強化試合の七回だった。この回先頭で代打出場した大谷翔平(22)は内角高め、ボール気味の速球をフルスイング。右翼方向に高々と上がった打球は、なんと、天井の隙間へ吸い込まれたまま落ちてこなかったのだ。大谷は悠然とベースを一周したものの、判定は二塁打に。打球が東京ドームの天井の隙間に吸い込まれて落ちてこなかったのは、02年、巨人の松井秀喜が記録(二塁打)して以来の珍事。「史上最大の二塁打」とマスコミを賑わせた当時同様、天井がなければどこまで飛んだか分からない特大の“本塁打”だった。

 前日(12日)は、右中間スタンド上段に特大の一発。連日、規格外のパワーを発揮する大谷に、メジャー球団も騒然となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る