原宿にジム “闘う政治家”パッキャオが狙うジャパンマネー

公開日:  更新日:

「闘う政治家」も、“お足”がなけりゃ世間を渡れない。

 25日、ボクシングのマニー・パッキャオ(37)の名を冠する「パッキャオジムトーキョージャパン」が原宿にオープンした。記者会見には本人も姿を現し、ゲストとして来場したWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥には左フックを伝授。

「左ヒジを上げて、打ち下ろすようにすれば相手に当たる」と、自らグローブをつけて実践した。

 もっとも、このジムはプロを育てるジムではなく、あくまでフィットネスジム。運営はパッキャオとライセンス契約を結ぶMPプロモーションジャパンなので、名義貸しのようなものだろう。

「若いボクサーにも私の知識と才能を共有してもらいたい。私が教えることも出来るからね」

 と話したパッキャオだが、本業は母国フィリピンの上院議員。指導のために頻繁に来日するなんて出来るわけがない。今後は都内の複数箇所にジムをつくる意向もあるというから、いよいよもって「ジャパンマネー」目当てではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る