体操内村航平が“プロ転向”決意 がっぽり稼いで東京五輪へ

公開日: 更新日:

 今年8月のリオデジャネイロ五輪で個人総合、団体総合の2冠を達成した内村航平(27)がプロに転向することが明らかになった。11日からの全日本団体選手権(東京・代々木競技場)後にも所属先のコナミスポーツを退社する見込みだ。

 内村は常々、「僕だけ話題になるようではダメ。注目される競技にしたい」とマイナー競技から脱皮したいと話していた。

 今後はサッカー日本代表の岡崎慎司(レスター)、長友佑都(インテル)らが所属するマネジメント会社と契約。プロとして20年東京五輪を目指しながら、イベントなどを通じて体操の普及に励むという。

 同じケースでは競泳の北島康介がアテネ五輪後にプロに転向して、年間5億円の収入があったといわれる。東京でも金が有力視される内村だけに北島同様、がっぽり稼ぎそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る