• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミラン退団は既定路線 本田が見据えるMLS移籍と“その先”

 開幕4戦目も出番なしに終わった。

 イタリア・セリエAの名門ミランで不遇をかこっている日本代表FW本田圭佑(30)である。

 先週末に行われたセリエA第4節。ミランは敵地でサンプドリアと対戦した。第1、2節と90分間ベンチを温め、第3節後半途中に今季初出場を果たした本田だが、この日も4試合連続となるベンチスタートとなった。

 試合は0─0から後半40分、本田の主戦場・右サイドFWのレギュラーを勝ち取った新戦力MFスソが、相手DFからボールを奪ってゴール前に好クロスを配給。後半19分に交代出場したFWバッカのゴールが決勝点となり、ミランが今季2勝目をもぎ取った。

 決勝ゴールが決まった瞬間、ベンチを飛びだしてチームメートと喜びを分かち合った本田。しかし、すぐに沈痛な面持ちで試合に見入っていた。結局、サンプドリア戦も出番なし。あるスポーツ雑誌のインタビューに「ここ数年、窮屈なプレーに終始している」と心情を吐露していたが、ミランに在籍しても出場機会は限られ、「主力選手を休ませたいカップ戦に先発が回ってくる」という状況が続くのは間違いない。もっとも本田にしてみたら「すべてが織り込み済み」(サッカー記者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る