Rソックスと再契約消滅 上原浩治“42歳最年長救援”の価値

公開日: 更新日:

 今オフ、レッドソックスからFAになった上原浩治(41)の再契約が見送られた。

 Rソックスは6日、救援右腕ソーンバーグ(28=前ブルワーズ)の獲得を発表。ドンブロウスキー編成本部長は「(上原には)少し前にオファーを出したが、もう少し時間が欲しいと言われた」と明かし、ベテラン右腕と再契約しない方針を示した。

 上原は今季50試合で2勝3敗7セーブ、防御率3.45。7月に右胸筋痛で故障者リスト(DL)に入ったが、9月に復帰してからは11戦連続無失点。抜群の安定感で、チームの地区優勝に貢献した。

 上原は来年の4月3日で42歳。すでにイチローのいるマーリンズが関心を寄せていると報じられたが、救援投手で現役最年長のベテラン右腕は今オフ、いくらで契約できるのか。

「制球が良く大崩れしないため、計算できる上原は需要があります。故障さえなければ、セットアッパーはもちろんクローザーも務まるだけに、補強リストに加えるチームは少なくないはずです。来季で42歳と年齢的な不安と故障リスクはありますが、投球回数などに応じた出来高も含めて1年550万ドル(約6億3000万円)で契約する球団はあるはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

 42歳でも好条件を手にする可能性は高いというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る