日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Rソックスと再契約消滅 上原浩治“42歳最年長救援”の価値

 今オフ、レッドソックスからFAになった上原浩治(41)の再契約が見送られた。

 Rソックスは6日、救援右腕ソーンバーグ(28=前ブルワーズ)の獲得を発表。ドンブロウスキー編成本部長は「(上原には)少し前にオファーを出したが、もう少し時間が欲しいと言われた」と明かし、ベテラン右腕と再契約しない方針を示した。

 上原は今季50試合で2勝3敗7セーブ、防御率3.45。7月に右胸筋痛で故障者リスト(DL)に入ったが、9月に復帰してからは11戦連続無失点。抜群の安定感で、チームの地区優勝に貢献した。

 上原は来年の4月3日で42歳。すでにイチローのいるマーリンズが関心を寄せていると報じられたが、救援投手で現役最年長のベテラン右腕は今オフ、いくらで契約できるのか。

「制球が良く大崩れしないため、計算できる上原は需要があります。故障さえなければ、セットアッパーはもちろんクローザーも務まるだけに、補強リストに加えるチームは少なくないはずです。来季で42歳と年齢的な不安と故障リスクはありますが、投球回数などに応じた出来高も含めて1年550万ドル(約6億3000万円)で契約する球団はあるはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

 42歳でも好条件を手にする可能性は高いというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事