Rソックスと再契約消滅 上原浩治“42歳最年長救援”の価値

公開日:  更新日:

 今オフ、レッドソックスからFAになった上原浩治(41)の再契約が見送られた。

 Rソックスは6日、救援右腕ソーンバーグ(28=前ブルワーズ)の獲得を発表。ドンブロウスキー編成本部長は「(上原には)少し前にオファーを出したが、もう少し時間が欲しいと言われた」と明かし、ベテラン右腕と再契約しない方針を示した。

 上原は今季50試合で2勝3敗7セーブ、防御率3.45。7月に右胸筋痛で故障者リスト(DL)に入ったが、9月に復帰してからは11戦連続無失点。抜群の安定感で、チームの地区優勝に貢献した。

 上原は来年の4月3日で42歳。すでにイチローのいるマーリンズが関心を寄せていると報じられたが、救援投手で現役最年長のベテラン右腕は今オフ、いくらで契約できるのか。

「制球が良く大崩れしないため、計算できる上原は需要があります。故障さえなければ、セットアッパーはもちろんクローザーも務まるだけに、補強リストに加えるチームは少なくないはずです。来季で42歳と年齢的な不安と故障リスクはありますが、投球回数などに応じた出来高も含めて1年550万ドル(約6億3000万円)で契約する球団はあるはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

 42歳でも好条件を手にする可能性は高いというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る