マーリンズとも思惑一致 イチローまさかの18年WBC出場へ

公開日:

「彼が出たいというのなら球団として全力でバックアップするつもりだ」

 マーリンズのマイケル・ヒル球団本部長が来年3月のWBCに関してこう言っている。「彼」とは来季メジャー17年目を迎えるイチロー(43)のことだ。

 メジャーでは開幕前の故障を恐れてWBCへの選手派遣に難色を示す球団が少なくない。例えばドジャースのザイディGMは、前田健太(28)の出場について「終盤に疲労がみえた。始動が早まるのは心配だ」とコメント。ヤンキースのキャッシュマンGMは、右肘靱帯部分断裂を患った田中将大(28)に関して「健康を維持できるようであれば、(出場は)問題ない」と話している。

 メジャーリーグ(MLB)にとってWBCはあくまでカネ儲けの場。各球団にとっては何よりレギュラーシーズンが大切で、本番前に選手にケガでもされたらたまったもんじゃないというのがフロントの正直な気持ちなのだ。本来なら主力の出場なんてとんでもないと言いたいところだが、主催はMLBだけにそうもいかない。そんな事情が「心配」「健康なら」といった歯切れの悪さにつながっている。「出場は問題ない」というのは建前なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る