• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズとも思惑一致 イチローまさかの18年WBC出場へ

「彼が出たいというのなら球団として全力でバックアップするつもりだ」

 マーリンズのマイケル・ヒル球団本部長が来年3月のWBCに関してこう言っている。「彼」とは来季メジャー17年目を迎えるイチロー(43)のことだ。

 メジャーでは開幕前の故障を恐れてWBCへの選手派遣に難色を示す球団が少なくない。例えばドジャースのザイディGMは、前田健太(28)の出場について「終盤に疲労がみえた。始動が早まるのは心配だ」とコメント。ヤンキースのキャッシュマンGMは、右肘靱帯部分断裂を患った田中将大(28)に関して「健康を維持できるようであれば、(出場は)問題ない」と話している。

 メジャーリーグ(MLB)にとってWBCはあくまでカネ儲けの場。各球団にとっては何よりレギュラーシーズンが大切で、本番前に選手にケガでもされたらたまったもんじゃないというのがフロントの正直な気持ちなのだ。本来なら主力の出場なんてとんでもないと言いたいところだが、主催はMLBだけにそうもいかない。そんな事情が「心配」「健康なら」といった歯切れの悪さにつながっている。「出場は問題ない」というのは建前なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る