メジャーでは多種多様 引退の黒田が見据える2ndキャリア

公開日: 更新日:

「リーグ優勝することができたし、満足いく野球人生だったと思う」

 今季限りで引退した広島黒田博樹(41)が4日、マツダスタジアムで会見、報道陣にこう言った。

 今後は未定。「とりあえず野球から離れ、ゆっくりしたい」と、自宅のある米国のロスで骨休めをするようだ。「(将来は)日本とアメリカで20年もプレーさせてもらったので、さまざまな人に還元できるようなことがあれば還元したい」

 広島、ドジャース、ヤンキースで得た年俸は総額約110億円。何もしなくても食うに困ることはないだろうが、40歳前後といえばサラリーマンの世界では働き盛り。ゆくゆくは広島でコーチや監督をやるにせよ、「ゆっくり」した後はどうするのか。

■先輩たちは積極的に資産を運用

 元メジャーリーガーの第二の人生はバラエティーに富んでいる。通算303勝の左腕ランディ・ジョンソンは引退後に写真家、同じく204勝のオーレル・ハーシュハイザーはプロのギャンブラー(ポーカー)、マリナーズ一筋で首位打者2回のエドガー・マルチネスは実業家にそれぞれ転身した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る