• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー登録枠拡大が追い風 イチロー“50歳現役”に現実味

 今オフに改正される労使協定が来季でメジャー17年目を迎えるマーリンズ・イチロー(43)には追い風になりそうだ。

 MLBでは来季からメジャーのロースター(登録枠)を現行の25人から26人に拡大する予定。大リーグ選手会の承認を経て、来月5日からのウインターミーティング(ワシントン)で最終決定する見込み。

 実際に新労使協定が導入されれば、各球団とも増えた1枠に投手を登録するとみられる。チームによっては5人で回す先発投手を6人制にするなど、投手陣の充実を図れる。

 その一方で、契約にマイナー降格拒否条項のないイチローには「有利に働く」ともっぱらだ。

 メジャーでは20連戦近い過密日程の際には、野手をマイナー降格させ投手を増やすケースもある。スケジュールがタイトな時に降格を告げられるのはイチローのような控え選手だ。ロースターが増えれば、選手枠に余裕ができるので、イチローがはじき出されることはなくなるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る