メジャー登録枠拡大が追い風 イチロー“50歳現役”に現実味

公開日:

 今オフに改正される労使協定が来季でメジャー17年目を迎えるマーリンズ・イチロー(43)には追い風になりそうだ。

 MLBでは来季からメジャーのロースター(登録枠)を現行の25人から26人に拡大する予定。大リーグ選手会の承認を経て、来月5日からのウインターミーティング(ワシントン)で最終決定する見込み。

 実際に新労使協定が導入されれば、各球団とも増えた1枠に投手を登録するとみられる。チームによっては5人で回す先発投手を6人制にするなど、投手陣の充実を図れる。

 その一方で、契約にマイナー降格拒否条項のないイチローには「有利に働く」ともっぱらだ。

 メジャーでは20連戦近い過密日程の際には、野手をマイナー降格させ投手を増やすケースもある。スケジュールがタイトな時に降格を告げられるのはイチローのような控え選手だ。ロースターが増えれば、選手枠に余裕ができるので、イチローがはじき出されることはなくなるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る