ダルやマー君の待遇は…トランプ大統領で米野球どうなる

公開日:

 ドナルド・トランプ(70)の大統領就任は日本人大リーガーや、これから大リーグを目指す日本人選手にどう影響するか。

 トランプといえば徹底した排外主義者。アメリカ・イズ・ナンバーワンで、「強いアメリカを取り戻す」「移民は必要ない」などと平気で言っている。メジャーでメード・イン・ジャパンの日本人選手は割を食うかと思ったら、「メジャーでもトップクラスの実力をもった選手はむしろ優遇されるのではないでしょうか」とアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏はこう言った。

「ダルビッシュ(レンジャーズ)や田中(ヤンキース)のように、メジャーでもエースクラスの選手は、メジャーリーグやメジャー球団にグラウンド内外で莫大な利益をもたらします。戦力面でもビジネス面でも、価値は高い。それだけに契約はこれまで以上に厚遇されるでしょう。大統領選で共和党のトランプが勝ち、議会は下院だけでなく上院も共和党が過半数を占め、ねじれは解消されます。彼らはいよいよ企業や富裕層を優遇するようになるでしょう。そもそも資産家で多くの不動産をもつトランプが、自分に不利なことをするわけがありません。75%が共和党支持のメジャーも自分たちに利益をもたらす選手は、日本人だろうと大切にしますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る