ダルやマー君の待遇は…トランプ大統領で米野球どうなる

公開日: 更新日:

 ドナルド・トランプ(70)の大統領就任は日本人大リーガーや、これから大リーグを目指す日本人選手にどう影響するか。

 トランプといえば徹底した排外主義者。アメリカ・イズ・ナンバーワンで、「強いアメリカを取り戻す」「移民は必要ない」などと平気で言っている。メジャーでメード・イン・ジャパンの日本人選手は割を食うかと思ったら、「メジャーでもトップクラスの実力をもった選手はむしろ優遇されるのではないでしょうか」とアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏はこう言った。

「ダルビッシュ(レンジャーズ)や田中(ヤンキース)のように、メジャーでもエースクラスの選手は、メジャーリーグやメジャー球団にグラウンド内外で莫大な利益をもたらします。戦力面でもビジネス面でも、価値は高い。それだけに契約はこれまで以上に厚遇されるでしょう。大統領選で共和党のトランプが勝ち、議会は下院だけでなく上院も共和党が過半数を占め、ねじれは解消されます。彼らはいよいよ企業や富裕層を優遇するようになるでしょう。そもそも資産家で多くの不動産をもつトランプが、自分に不利なことをするわけがありません。75%が共和党支持のメジャーも自分たちに利益をもたらす選手は、日本人だろうと大切にしますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る