会場だけじゃない 東京五輪「野球・ソフト」に問題山積

公開日: 更新日:

 スイスのローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で、2020年東京五輪で追加される5競技のうち、空手とスポーツクライミングスケートボード、サーフィンの4会場が決定。野球・ソフトボールはメーン会場の横浜スタジアムのみが決まり、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が希望する、被災地・福島県での一部実施案は提案自体が先送りになった。

 WBSCと東京五輪組織委員会の足並みが揃わないことが決定に至らなかった理由のひとつだが、野球の場合は会場以前の問題がいくつもある。

■他競技から笑われる

 まず、大会方式だ。WBSCが出場6チームによる1次リーグ総当たりの形式を要望しているのに対し、日程や経費を優先する組織委は1次リーグを2組に分けたうえで4チームによる決勝トーナメント開催を主張。両者は今回の理事会までに開催計画をまとめる方針だったが、間に合わなかった。WBSCは「最終的なIOCへの提案は17年になるだろう」との声明を発表。会場の問題どころか、試合形式の決定すら先送りになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る