日ハム大谷 “最も稼げる”メジャー移籍方法をシミュレート

公開日:

 大谷翔平(22)のメジャー移籍に関して、大物代理人のスコット・ボラス氏(64)の発言が注目を集めている。米ウインターミーティングの会場で「現行のルールでは最も素晴らしい選手が米国でプレーできない」と言って、契約金の額などが著しく制限された新労使協定をヤリ玉に挙げたのだ。

 新協定では、外国人選手の契約金が制限される年齢が「23歳未満」から「25歳未満」に引き上げられた。これに来年、23歳になる大谷は引っ掛かるという。契約金は最大約1000万ドル(約11億4000万円)に制限されるうえ、マイナー契約しか結べない。

 要するに米国のドラフトにかかる一般のアマ選手と同じ扱いだから、仮に1年目からメジャー昇格してバリバリ働いても、調停の権利が生じるまでの3年間の年俸は原則として最低保障の54万5000ドル(約6200万円)。FAを取得するまでには6年かかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る