高卒5年目で年俸2.7億円 ハム大谷翔平「稼ぎと使い道」

公開日:

 5日、日本ハムの大谷翔平(22)が、札幌の球団事務所で契約を更改。年俸2億円から7000万円アップとなる2億7000万円に一発サインをした。

 さらに球団からは来オフ以降のポスティングでのメジャー移籍も容認という、うれしいオマケ付き。大谷は満面の笑みで、

「正式に自分の意思を尊重させてもらえるという形になった」

 と近い将来のメジャー挑戦に目を輝かせた。

 高卒5年目の選手としては09年のダルビッシュ(現レンジャーズ)と並ぶ、球界最高額。本人は「自分がそれだけの額をもらえるのにふさわしいかは別にして、そういう方と同じ額に並べてうれしいです」と謙遜してみせたが、「活躍の割に安い」という声も少なくない。

 大谷は今季、投手としては10勝4敗、防御率1.86。打者では22本塁打、67打点、打率.322と、投打で大車輪の活躍をしてのけた。いずれも規定未満のためタイトルは逃したものの、投手部門とDH部門でベストナインを獲得。チームの日本一に貢献し、MVPに選ばれた。それでも3億円には届かず、先輩の中田に比べて1000万円少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る