高卒5年目で年俸2.7億円 ハム大谷翔平「稼ぎと使い道」

公開日: 更新日:

 5日、日本ハム大谷翔平(22)が、札幌の球団事務所で契約を更改。年俸2億円から7000万円アップとなる2億7000万円に一発サインをした。

 さらに球団からは来オフ以降のポスティングでのメジャー移籍も容認という、うれしいオマケ付き。大谷は満面の笑みで、

「正式に自分の意思を尊重させてもらえるという形になった」

 と近い将来のメジャー挑戦に目を輝かせた。

 高卒5年目の選手としては09年のダルビッシュ(現レンジャーズ)と並ぶ、球界最高額。本人は「自分がそれだけの額をもらえるのにふさわしいかは別にして、そういう方と同じ額に並べてうれしいです」と謙遜してみせたが、「活躍の割に安い」という声も少なくない。

 大谷は今季、投手としては10勝4敗、防御率1.86。打者では22本塁打、67打点、打率.322と、投打で大車輪の活躍をしてのけた。いずれも規定未満のためタイトルは逃したものの、投手部門とDH部門でベストナインを獲得。チームの日本一に貢献し、MVPに選ばれた。それでも3億円には届かず、先輩の中田に比べて1000万円少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  11. 10

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

もっと見る