メディアは大騒ぎ ハム大谷“来オフメジャー”に3つの障害

公開日: 更新日:

 日本ハム大谷翔平(22)をめぐって、スポーツメディアがかまびすしい。

「来オフ早くも夢実現」
「メジャーでも二刀流OK」
「300億円争奪戦!」

 などと、来年すぐにでも海を渡るかのように大騒ぎしている。

 大谷は5日の契約更改で球団に、来季後のポスティング移籍を認められた。しかし、だからといって来オフのメジャー挑戦はほぼ不可能。さまざまな事情が絡み合い、障害となっているのだ。

中田翔の去就

 まずは4番を打つ中田翔(27)の去就だ。中田は順調に試合に出場すれば、来季中に国内FA権を取得する。ある球団OBは「中田がFAで他球団に移籍するのは構わないのですが……」と、こう続ける。

「4番の中田に加えて、エース兼中軸打者の大谷まで一度にいなくなれば、チームはガタガタ、優勝争いどころか、まともに戦うことすら出来なくなる。かといって、中田を引き留める選択肢は球団にはない。日頃から若手を引き連れて繁華街を闊歩するなど、他の選手に悪影響を及ぼすと、中田不要論すら出ていますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る