日本プロ野球とは大違い WBCで大谷を待つ危ない内角攻め

公開日:

 大谷翔平(22)といえば、今季22本塁打をマークした強打者。11月のWBC強化試合では「飛ばないボール」で本塁打ばかりか、東京ドームの天井を直撃する二塁打を放った。シーズン中も内角の際どいコースを攻められて当然なのに、ここまで4年間で食らった死球はたった2つしかない。

「好き放題、打たれてはたまらないと、例えばソフトバンクも手は打っているのですが……」と、福岡のさる放送関係者がこう言った。

「昨シーズンくらいからでしょうか。投手陣は大谷の内角に際どいボールを投げよう、当てるくらいの覚悟で内を攻めようと意思統一しているんです。そのためには、やたらめったらに内を突いても効果はない。重要な局面、ここぞの場面で、のけぞらせるくらいの厳しいボールを投げれば、後々まで残るダメージを与えられる。大谷が1番・投手で出場した7月3日の日本ハム戦の初回の第1打席なんて格好の場面だったのに、あろうことか初球を先頭打者本塁打された。先発した気の弱い中田は内角攻めどころか、ど真ん中に打ちごろのスライダーを投げてしまったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る