• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本プロ野球とは大違い WBCで大谷を待つ危ない内角攻め

 大谷翔平(22)といえば、今季22本塁打をマークした強打者。11月のWBC強化試合では「飛ばないボール」で本塁打ばかりか、東京ドームの天井を直撃する二塁打を放った。シーズン中も内角の際どいコースを攻められて当然なのに、ここまで4年間で食らった死球はたった2つしかない。

「好き放題、打たれてはたまらないと、例えばソフトバンクも手は打っているのですが……」と、福岡のさる放送関係者がこう言った。

「昨シーズンくらいからでしょうか。投手陣は大谷の内角に際どいボールを投げよう、当てるくらいの覚悟で内を攻めようと意思統一しているんです。そのためには、やたらめったらに内を突いても効果はない。重要な局面、ここぞの場面で、のけぞらせるくらいの厳しいボールを投げれば、後々まで残るダメージを与えられる。大谷が1番・投手で出場した7月3日の日本ハム戦の初回の第1打席なんて格好の場面だったのに、あろうことか初球を先頭打者本塁打された。先発した気の弱い中田は内角攻めどころか、ど真ん中に打ちごろのスライダーを投げてしまったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る