• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルは直後に故障 日ハム大谷に気がかりな“WBC球”の反動

 まずはWBCに向けてしっかり調整したい――。

 日本ハムの大谷翔平(22)が、来季についてこう言っている。

 WBC日本代表の小久保監督は、巨人の菅野と大谷をエース格と考えているそうで、打つ方はともかく、本番でマウンドに立つのはほぼ確実。問題は統一球と比べて「大きく、重く、滑りやすい」といわれるWBC球への対応だ。

 すでにWBC球を使ったトレーニングを始めているというから、扱い自体がネックになるとは思えない。WBC球に慣れる時間はあるし、実戦でもそれなりに結果を出すに違いない。

 心配なのはWBCで投げた反動だ。キャッチボールや練習試合で投げるのと、プレッシャーのかかる大一番で普段と異なる球を全力投球するのとでは肩肘にかかる負担は異なる。実際、WBC球とほぼ同じメジャー公認球を扱った投手によれば、「とにかく滑りやすく、ボールが高めに抜ける。ブルペンでは大丈夫でも、実戦では低めに投げようと無意識のうちに指先に力が入り、やがて前腕の筋肉が炎症を起こした」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る