ダルは直後に故障 日ハム大谷に気がかりな“WBC球”の反動

公開日:

 まずはWBCに向けてしっかり調整したい――。

 日本ハムの大谷翔平(22)が、来季についてこう言っている。

 WBC日本代表の小久保監督は、巨人の菅野と大谷をエース格と考えているそうで、打つ方はともかく、本番でマウンドに立つのはほぼ確実。問題は統一球と比べて「大きく、重く、滑りやすい」といわれるWBC球への対応だ。

 すでにWBC球を使ったトレーニングを始めているというから、扱い自体がネックになるとは思えない。WBC球に慣れる時間はあるし、実戦でもそれなりに結果を出すに違いない。

 心配なのはWBCで投げた反動だ。キャッチボールや練習試合で投げるのと、プレッシャーのかかる大一番で普段と異なる球を全力投球するのとでは肩肘にかかる負担は異なる。実際、WBC球とほぼ同じメジャー公認球を扱った投手によれば、「とにかく滑りやすく、ボールが高めに抜ける。ブルペンでは大丈夫でも、実戦では低めに投げようと無意識のうちに指先に力が入り、やがて前腕の筋肉が炎症を起こした」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る