ダルは直後に故障 日ハム大谷に気がかりな“WBC球”の反動

公開日:

 まずはWBCに向けてしっかり調整したい――。

 日本ハムの大谷翔平(22)が、来季についてこう言っている。

 WBC日本代表の小久保監督は、巨人の菅野と大谷をエース格と考えているそうで、打つ方はともかく、本番でマウンドに立つのはほぼ確実。問題は統一球と比べて「大きく、重く、滑りやすい」といわれるWBC球への対応だ。

 すでにWBC球を使ったトレーニングを始めているというから、扱い自体がネックになるとは思えない。WBC球に慣れる時間はあるし、実戦でもそれなりに結果を出すに違いない。

 心配なのはWBCで投げた反動だ。キャッチボールや練習試合で投げるのと、プレッシャーのかかる大一番で普段と異なる球を全力投球するのとでは肩肘にかかる負担は異なる。実際、WBC球とほぼ同じメジャー公認球を扱った投手によれば、「とにかく滑りやすく、ボールが高めに抜ける。ブルペンでは大丈夫でも、実戦では低めに投げようと無意識のうちに指先に力が入り、やがて前腕の筋肉が炎症を起こした」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る