• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルは直後に故障 日ハム大谷に気がかりな“WBC球”の反動

 まずはWBCに向けてしっかり調整したい――。

 日本ハムの大谷翔平(22)が、来季についてこう言っている。

 WBC日本代表の小久保監督は、巨人の菅野と大谷をエース格と考えているそうで、打つ方はともかく、本番でマウンドに立つのはほぼ確実。問題は統一球と比べて「大きく、重く、滑りやすい」といわれるWBC球への対応だ。

 すでにWBC球を使ったトレーニングを始めているというから、扱い自体がネックになるとは思えない。WBC球に慣れる時間はあるし、実戦でもそれなりに結果を出すに違いない。

 心配なのはWBCで投げた反動だ。キャッチボールや練習試合で投げるのと、プレッシャーのかかる大一番で普段と異なる球を全力投球するのとでは肩肘にかかる負担は異なる。実際、WBC球とほぼ同じメジャー公認球を扱った投手によれば、「とにかく滑りやすく、ボールが高めに抜ける。ブルペンでは大丈夫でも、実戦では低めに投げようと無意識のうちに指先に力が入り、やがて前腕の筋肉が炎症を起こした」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る