日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団の金庫もう限界 ヤクルト山田“来オフ米挑戦”に現実味

 リミットに達したか。

 今季、2年連続トリプルスリーを達成したヤクルトの山田哲人(24)が21日、年俸1.3億円増となる3.5億円の単年契約で更改した。

 青木(現アストロズ)の3.3億円(11年)を超え、日本人選手としては球団史上最高額でサインした山田は自ら、球団から提示された複数年契約でなく、1年契約を選択したことを明かし、メジャー挑戦についても「ちょいちょい話をしましたけど、今すぐ行きたいのはない」としながら、「これまで何回も言ってますけど、(気が)コロコロ変わる性格なんで」と、含みを持たせた。

 これにより、早ければ来オフにも入札制度によるメジャー挑戦が現実味を帯びそうだ。

 過去を振り返ると、ヤクルトで3億円超えを果たしたのは、前述した青木と古田(3億円)の3人だけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事