球団の金庫もう限界 ヤクルト山田“来オフ米挑戦”に現実味

公開日: 更新日:

 リミットに達したか。

 今季、2年連続トリプルスリーを達成したヤクルト山田哲人(24)が21日、年俸1.3億円増となる3.5億円の単年契約で更改した。

 青木(現アストロズ)の3.3億円(11年)を超え、日本人選手としては球団史上最高額でサインした山田は自ら、球団から提示された複数年契約でなく、1年契約を選択したことを明かし、メジャー挑戦についても「ちょいちょい話をしましたけど、今すぐ行きたいのはない」としながら、「これまで何回も言ってますけど、(気が)コロコロ変わる性格なんで」と、含みを持たせた。

 これにより、早ければ来オフにも入札制度によるメジャー挑戦が現実味を帯びそうだ。

 過去を振り返ると、ヤクルトで3億円超えを果たしたのは、前述した青木と古田(3億円)の3人だけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る