日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

燕山田と9千万円差 SB柳田は“短気”もたたりマイナス査定

 明暗がくっきり分かれた。

 21日に契約更改を行ったソフトバンクの柳田悠岐(28)。1000万円ダウンの年俸2億6000万円に、「もっと下がると思っていた」と納得してハンコを押した。

 今季は打率.306、18本塁打、73打点。決して悪い数字ではなく、2年連続リーグ最高出塁率(.446)のタイトルも獲得した。が、さすがに昨季のトリプルスリーと比べたら見劣りするのは事実。9月に右手薬指を骨折し、120試合の出場にとどまったのもマイナスポイントだろう。

 2年連続トリプルスリーで大幅アップしたヤクルト・山田とは、年俸で9000万円の差をつけられた。ある球団OBは「性格の違いが出た」と、こう話す。

「柳田と山田は共にリーグ最多の100、97四球。前年トリプルスリーだけに、相手バッテリーから勝負を避けられていた。山田はそれでも粘り強く失投を待ち続け、開幕から3割をキープしていたが、短気な柳田は我慢できなかったのでしょう。藤井打撃コーチも『開幕当初は苛立って、ボール球に手を出して凡打になるケースが目立った』と話しており、打率は2割前半と低迷。本人もイライラを隠せず、一時期は報道陣やチームメートですら腫れ物に触るような扱いだった」

 それでも四球攻めに開き直って、徐々に成績を上げた柳田。その矢先の9月に戦線離脱というのだから、ツイてないことこの上ない。

 右ヒジの古傷にも悩まされている柳田。ケガを癒やして来季は大暴れしてほしいものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事