巨人は“宝の山” FA陽の人的補償で日ハムが狙う選手は誰?

公開日:  更新日:

 日本ハムにすれば、ここからが本番だ。

 巨人に5年15億円で移籍した陽岱鋼。年俸1億6000万円は球団内でBランクのため、金銭+人的補償が選択できる。

 球界では「宝の山」といわれる巨人だけに、金銭のみはあり得ない。となれば、日ハムは誰を獲得するのか。

 外野手は右翼・近藤、中堅・岡、左翼・西川と20代前半~中盤の選手が、来季のレギュラー候補。これに将来性の高い14年ドラ3の浅間、巨人からトレードで獲得した大田もいる。投手は万全とは言いがたいが、先発も中継ぎも頭数だけは揃っている。

 となれば足りないのは内野手、特に二遊間の補強が急務だという。球団OBが言う。

「遊撃の中島は守備範囲やポジショニングは問題なくても、肩が物足りない。来季は今秋ドラフト2位で獲得した石井一成(早大)との併用になるかもしれない。問題は二塁。35歳の田中は今季10失策と守備の衰えが激しく、右肩痛を抱えているので送球が安定しない。こちらはこれといった後釜がいないので、巨人からの人的補償は即戦力の二塁手を優先するのではないか。年俸1000万円の藤村(27)、同2800万円の寺内(33)あたりが候補になるでしょう。この2人はいずれもプロテクトから漏れるともっぱらです」

 センターラインを強化して、2年連続日本一を狙うというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る