菊池も6000万円増 広島“太っ腹更改”にグッズ販売大貢献

公開日:  更新日:

 チームの大トリで契約交渉に臨んだ広島の菊池涼介(26)は笑顔が絶えなかった。

「一番の評価だ、と言ってもらった。納得してサインしました」

 6000万円の大幅アップを提示され、球団の日本人選手最高年俸となる1億4500万円で契約更改。打率.315、13本塁打、56打点をマークした今季は、181安打を放って最多安打のタイトルを獲得した。超人的な守備でも幾度となくチームのピンチを救った男にとって当然の大幅アップとはいえ、これまでの広島は当然の評価が金額に反映されないイメージが強かった。

 が、25年ぶりの優勝を果たした今季は、そんないわゆる「渋チン」の印象を払拭。5500万円増の丸、5000万円増の新井、4800万円増の野村と数千万円単位のアップに相好を崩す選手が次から次に出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る