控え濃厚選手に8億円も 阪神にのしかかる巨額年俸問題

公開日:

「多くの選手が塩漬けされる可能性があるわな」

 阪神OBが来季の阪神に懸念を抱いている。

 その筆頭候補が年俸4億円の鳥谷(35)だ。今季は不振によって北條(22)に遊撃の定位置を奪われた。本人は来季も遊撃一本で勝負するとしているが、金本監督には北條を育てたい意向がある。来季も控えに甘んじる可能性は高いはずだ。前出のOBが言う。

「糸井獲得でオリックスから人的補償を求められた場合は別として、来年1年だけを見ても、控え選手に多くの年俸を支払う計算になる。糸井の加入で外野は糸井、福留、高山の3人で決まり。俊介(2400万円)、江越(1700万円)、伊藤(1500万円)、中谷(1200万円)といった面々が控えに回る。内野も、鳥谷に加え、西岡(9000万円)が大和(5000万円)、板山(900万円)との二塁争いに敗れて控えに回るかもしれない。新助っ人のキャンベル(7000万円)を三塁で使えば今成(3800万円)、新井(2100万円)が外れる。これだけでもベンチウオーマーに6億円強だからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る