200平で世界新 渡辺一平は“4合飯ペロリ”の規格外スイマー

公開日:  更新日:

 季節外れの競泳大会で大記録が出た。

 29日の東京都選手権(東京辰巳国際水泳場)男子200メートル平泳ぎで渡辺一平(19、早大)が2分6秒67の世界新記録を樹立した。12年の岐阜国体で山口観弘(22、東洋大)がマークした2分7秒01の従来の世界記録を0・34秒更新した。

 同種目でアテネ、北京の2大会連続金メダルの北島康介氏が見守る中、レースに臨んだ渡辺。終始、先頭をキープし、最後は2位以下を大きく引き離してゴール。電光掲示板に「世界新記録」と表示されると、水面を叩いて喜びを爆発させた。

 レース後の渡辺は「世界新を出したいと思っていたが、1月の難しい時期に出せて良かった。4月の日本選手権では必ず代表を勝ち取って世界選手権(7月、ハンガリー)では優勝できるように頑張りたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る