スローガンの経緯も 早実主将・清宮“ラストイヤー”の決意

公開日: 更新日:

「主将になりたくないとか、やめたいと思ったことは一度もありません。むしろ、早実に入ったときから主将をやろうと思っていました」

 清宮幸太郎(2年)はキッパリ言い切った。

「みんなそれぞれ気持ちの浮き沈みがあるし、調子の良い悪いもある。そういうところに気を配りながら、みんなといいモチベーションを保っていけるようにすることが大事かなと。そして、みんながなかなか踏み出しづらい部分があれば、プレーや声で自分が一歩前に出て、道を作っていける存在でいたいです」

 本塁打を期待する声があるのはわかっているが、主将かつ3番打者として、チーム打撃に徹するつもりでいる。

 主将としてチームのまとまりを感じた試合がある。昨秋の東京大会、日大三高との決勝戦だ。

「自分は5三振で結果を残すことはできませんでした。5三振はたぶん、初めての経験ですけど、そんなに落ち込むことはなかった。最後は勝つことができて、自分が打てないからダメというのでもなかった。主将として自分自身も前に出て、それがみんなにも伝わったと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る