• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スローガンの経緯も 早実主将・清宮“ラストイヤー”の決意

「主将になりたくないとか、やめたいと思ったことは一度もありません。むしろ、早実に入ったときから主将をやろうと思っていました」

 清宮幸太郎(2年)はキッパリ言い切った。

「みんなそれぞれ気持ちの浮き沈みがあるし、調子の良い悪いもある。そういうところに気を配りながら、みんなといいモチベーションを保っていけるようにすることが大事かなと。そして、みんながなかなか踏み出しづらい部分があれば、プレーや声で自分が一歩前に出て、道を作っていける存在でいたいです」

 本塁打を期待する声があるのはわかっているが、主将かつ3番打者として、チーム打撃に徹するつもりでいる。

 主将としてチームのまとまりを感じた試合がある。昨秋の東京大会、日大三高との決勝戦だ。

「自分は5三振で結果を残すことはできませんでした。5三振はたぶん、初めての経験ですけど、そんなに落ち込むことはなかった。最後は勝つことができて、自分が打てないからダメというのでもなかった。主将として自分自身も前に出て、それがみんなにも伝わったと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る