スローガンの経緯も 早実主将・清宮“ラストイヤー”の決意

公開日: 更新日:

「主将になりたくないとか、やめたいと思ったことは一度もありません。むしろ、早実に入ったときから主将をやろうと思っていました」

 清宮幸太郎(2年)はキッパリ言い切った。

「みんなそれぞれ気持ちの浮き沈みがあるし、調子の良い悪いもある。そういうところに気を配りながら、みんなといいモチベーションを保っていけるようにすることが大事かなと。そして、みんながなかなか踏み出しづらい部分があれば、プレーや声で自分が一歩前に出て、道を作っていける存在でいたいです」

 本塁打を期待する声があるのはわかっているが、主将かつ3番打者として、チーム打撃に徹するつもりでいる。

 主将としてチームのまとまりを感じた試合がある。昨秋の東京大会、日大三高との決勝戦だ。

「自分は5三振で結果を残すことはできませんでした。5三振はたぶん、初めての経験ですけど、そんなに落ち込むことはなかった。最後は勝つことができて、自分が打てないからダメというのでもなかった。主将として自分自身も前に出て、それがみんなにも伝わったと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る