「ジャマしないこと」 早実・和泉監督が清宮の育成法語る

公開日: 更新日:

「僕自身、センバツは4回目。秋の東京を制して迎えるのは06年に斎藤佑樹がいたとき以来。ハッキリした目標がひと冬を越した先にあるということで、生徒の気持ちの部分でいつもと違う冬を過ごせたと思っています」

 4年ぶりのセンバツ出場が決まった早実の和泉実監督(55)がこう言った。出場決定に至るまでのこと、主将・清宮幸太郎(2年)のことなどを聞いた。

――昨秋の東京大会の決勝戦は、3番清宮が5三振も、4番野村のサヨナラ本塁打で優勝を手繰り寄せました。

「清宮のキャリアの中で、あんなに三振することはなかったと思うし、彼が入学してからあれだけ機能しない試合はなかった。きつい展開でしたが、機能しなかった主将が下を向くのではなく、ベンチに戻ってきても中心になって声をかけた。周りも主将が機能しないから負けるわけにはいかないという覚悟が出てきたとも感じた。2点ビハインドの九回裏に、先頭の9番野田(1年)がレフト前にすばらしい安打を打った。これはなかなかできないこと。そして野田を起点に後ろがどんどんつながった。新チームになって全員野球で戦うべく、主将中心に『GO! GO! GO!』というスローガンを掲げた。強気に攻めること、気持ちが揺るがないこと、勢いをつけることが一番大切で、そうした姿勢が秋はいい方向に出たと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

もっと見る