準決で怪物超え23号 1年4番・野村は早実の“精神安定剤”

公開日: 更新日:

「あと1本で清宮さんの(1年時通算)22本を超えるので意識していた」

 早実(東京)の4番・野村大樹(1年)がこう言った。14日の明治神宮大会準決勝で、早実が福岡大大濠(九州・福岡)を6-4で下し、80年以来36年ぶりの決勝進出を決めた。

 3番の清宮幸太郎(2年)が塁に出て4番がかえす――。この日主役だったのは、本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せた1年生4番打者の方だった。

 1点差に迫られた七回に高校通算23号を左中間スタンドへ。「最近ホームランを狙って打てるようになってきたので『やってみよう』と思っていた。打った瞬間入ると思った」とケロリと言い放った。

 1年夏から4番。マークされる3番・清宮をいつも「フォロー」している。清宮が5三振を喫した東京大会決勝も、清宮三振の直後にサヨナラ弾を放って“先輩”を救った。この日、全5打席出塁のその清宮にとっても大事な“相棒”で「今日は野村がたくさん打ってくれた。自分もつなげるように出塁できたので勝利に貢献できた」と言えば、和泉監督も「清宮の存在が(投手の)失投を生んでいる。そこを仕留めるのが野村の力」と2人の相乗効果を認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  8. 8

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  9. 9

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  10. 10

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る