• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

準決で怪物超え23号 1年4番・野村は早実の“精神安定剤”

「あと1本で清宮さんの(1年時通算)22本を超えるので意識していた」

 早実(東京)の4番・野村大樹(1年)がこう言った。14日の明治神宮大会準決勝で、早実が福岡大大濠(九州・福岡)を6-4で下し、80年以来36年ぶりの決勝進出を決めた。

 3番の清宮幸太郎(2年)が塁に出て4番がかえす――。この日主役だったのは、本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せた1年生4番打者の方だった。

 1点差に迫られた七回に高校通算23号を左中間スタンドへ。「最近ホームランを狙って打てるようになってきたので『やってみよう』と思っていた。打った瞬間入ると思った」とケロリと言い放った。

 1年夏から4番。マークされる3番・清宮をいつも「フォロー」している。清宮が5三振を喫した東京大会決勝も、清宮三振の直後にサヨナラ弾を放って“先輩”を救った。この日、全5打席出塁のその清宮にとっても大事な“相棒”で「今日は野村がたくさん打ってくれた。自分もつなげるように出塁できたので勝利に貢献できた」と言えば、和泉監督も「清宮の存在が(投手の)失投を生んでいる。そこを仕留めるのが野村の力」と2人の相乗効果を認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る