右足首痛引きずるハム大谷に“手術で完治”という選択肢

公開日:

 WBCでの登板断念会見から一夜明けた1日(日本時間2日)、大谷翔平(22)はアリゾナ入り後、初めてティー打撃を行った。

 日本ハムOBで日本代表の稲葉打撃コーチが見守る中、約30分間、ほぼフルスイングだった。しかし、打撃練習を始めたからといって、右足首の不安が解消されたわけではない。

「劇的によくなるものではない。(今後の練習メニューが)どの程度になるかは(状態を)見ながらになります」とは練習後の本人。栗山監督も大谷の状態に関しては、こう言って懐疑的だ。

「下半身がしっかりしないとね。ちゃんと走れないと野球にならない」

 この日のアリゾナの気温は23度。暖かい場所で、なおかつ発熱などもあってトレーニングの強度を落としても、患部は回復しない。栗山監督が言うように、下半身が万全になってようやく野球選手としてのスタートラインに立てるのに、いまだ全力疾走できない状態が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る