日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷WBC断念の余波…巨人菅野が侍エース繰り上げで大混乱

 大谷が投手でのWBC出場を断念したことを受け、1日に宮崎でキャンプインした巨人にも波紋が広がった。

 侍ジャパンで大谷とダブルエースを担うはずだった巨人の菅野智之(27)はこの日朝、大谷の欠場について困惑の表情を浮かべた。練習後に報道陣に対応し、「(大谷は)相当な思いでやってきたと思う。残念な気持ちは本人が一番強いだろうし、代わりになれるか分からないけど、(周囲の自身への)期待値は上がるだろうし、少しでも期待に応えられるように、自分だけじゃなくて(投手陣)みんなで頑張りたい」と神妙な面持ちで話した。

 が、言葉とは裏腹にこの日は、初日から多くの投手がブルペン入りする中、「フラットな場所で確認している」と室内練習場で強めのキャッチボールにとどめ、「ちょっとペースを落とします」と発言。前回のブルペン入りは一軍合同自主トレ中の1月28日にもかかわらず、マウンドでの投球練習は「次のクール(4日)から。状態と気候を見て」と自ら手綱を締めるように話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事