日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陽岱鋼は台湾代表辞退…巨人FA選手に見る「古傷再発率」

 巨人にFA加入した陽岱鋼(30)が25日、WBCに出場する台湾代表を辞退したことが分かった。昨秋に右脇腹を痛めており、球団が移籍1年目の体調面を懸念し、ストップをかけたとみられる。陽はこの日、ジャイアンツ球場で「まず、ケガしない体をつくりたい」と話した。

 24日には阪神FA移籍1年目の糸井が右膝を痛め、キャンプは別メニューと関西マスコミは騒いでいる。糸井は両膝に故障歴がある。右膝は13年に「内側側副靱帯」を損傷。昨春のキャンプでも痛みが出たいわば「古傷」だ。人気球団移籍で張り切ってしまったのか。このオフ、3人ものFA選手が加入した巨人にとっても対岸の火事ではない。

■古巣時代の故障を巨人で再発

 巨人は昨年までの5年間で7人のFA選手を獲得している。そのうち、はっきり分かっているだけで、村田と大竹は古巣時代の故障を巨人で再発させ、戦線離脱している。村田は右太もも裏、大竹は右肩を痛めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事