陽より欲しかった外野手も…巨人今オフ“強欲補強”の裏側

公開日: 更新日:

 何でも欲しがる巨人が本領を発揮したオフだった。総額30億円を超える特大補強を敢行。28日にはFA入団の陽岱鋼(29)が2度目の入団会見を今度は台湾で行う。だが巨人は当初、別の外野手に興味を示していた。中日大島洋平(31)である。さる球界関係者がこう言う。

「大島はFA権行使に前向きだった。巨人は早速、3年6億円級の条件を用意する本気度だった。ただ、落合GMが1月いっぱいで退任すること、何より駒大の先輩でもある森監督就任で条件が上積みされたことで、中日残留を決めた。もし森さんが監督にならなければ、条件の上積みがなければ、落合GMが辞めなければ……。陽じゃなくて大島が巨人のユニホームに袖を通していたかもしれない。巨人が28日の会見で、どれだけ歯の浮くようなセリフで陽の魅力を説明したところで、水面下ではなりふり構わずにアタックしていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  8. 8

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  9. 9

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る