陽より欲しかった外野手も…巨人今オフ“強欲補強”の裏側

公開日: 更新日:

 何でも欲しがる巨人が本領を発揮したオフだった。総額30億円を超える特大補強を敢行。28日にはFA入団の陽岱鋼(29)が2度目の入団会見を今度は台湾で行う。だが巨人は当初、別の外野手に興味を示していた。中日・大島洋平(31)である。さる球界関係者がこう言う。

「大島はFA権行使に前向きだった。巨人は早速、3年6億円級の条件を用意する本気度だった。ただ、落合GMが1月いっぱいで退任すること、何より駒大の先輩でもある森監督就任で条件が上積みされたことで、中日残留を決めた。もし森さんが監督にならなければ、条件の上積みがなければ、落合GMが辞めなければ……。陽じゃなくて大島が巨人のユニホームに袖を通していたかもしれない。巨人が28日の会見で、どれだけ歯の浮くようなセリフで陽の魅力を説明したところで、水面下ではなりふり構わずにアタックしていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る