陽より欲しかった外野手も…巨人今オフ“強欲補強”の裏側

公開日: 更新日:

 何でも欲しがる巨人が本領を発揮したオフだった。総額30億円を超える特大補強を敢行。28日にはFA入団の陽岱鋼(29)が2度目の入団会見を今度は台湾で行う。だが巨人は当初、別の外野手に興味を示していた。中日大島洋平(31)である。さる球界関係者がこう言う。

「大島はFA権行使に前向きだった。巨人は早速、3年6億円級の条件を用意する本気度だった。ただ、落合GMが1月いっぱいで退任すること、何より駒大の先輩でもある森監督就任で条件が上積みされたことで、中日残留を決めた。もし森さんが監督にならなければ、条件の上積みがなければ、落合GMが辞めなければ……。陽じゃなくて大島が巨人のユニホームに袖を通していたかもしれない。巨人が28日の会見で、どれだけ歯の浮くようなセリフで陽の魅力を説明したところで、水面下ではなりふり構わずにアタックしていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る