フィギュア四大陸選手権 “B・オーサー門下”2人が好発進

公開日:  更新日:

 日本勢の女子3人が揃って出遅れた昨16日のフィギュアスケート四大陸選手権(韓国・江陵)。初日のショートプログラム(SP)では、フィギュアスケート界を代表する名コーチの門下生が揃って上位につけた。

 首位(68.25点)のガブリエル・デールマン(19=カナダ)と3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(17=カザフスタン)の2人だ。デールマン、トゥルシンバエワを指導するのは、14年ソチ五輪男子金メダリスト羽生結弦の師匠である、ブライアン・オーサー氏(55=カナダ)だ。

 デールマンはジャンプを得意としており、冒頭に2連続3回転トーループを決めるなど、ほぼ完璧な演技を披露した。16歳でソチ五輪に出場したデールマンは、SPを終えると「(首位に立って)とても興奮している」と話した。

 一方のトゥルシンバエワは、147センチと小柄な体形を存分に生かした軽快なスケーティングが持ち味。軽快な飛躍で、すべてのジャンプを成功させた。

 今大会は強豪のロシアを筆頭とする欧州勢は出場していない。来年の平昌五輪では、不甲斐ない日本勢に代わって、名コーチの教え子2人がロシア勢の対抗馬になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る