フィギュア四大陸選手権 “B・オーサー門下”2人が好発進

公開日:  更新日:

 日本勢の女子3人が揃って出遅れた昨16日のフィギュアスケート四大陸選手権(韓国・江陵)。初日のショートプログラム(SP)では、フィギュアスケート界を代表する名コーチの門下生が揃って上位につけた。

 首位(68.25点)のガブリエル・デールマン(19=カナダ)と3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(17=カザフスタン)の2人だ。デールマン、トゥルシンバエワを指導するのは、14年ソチ五輪男子金メダリスト羽生結弦の師匠である、ブライアン・オーサー氏(55=カナダ)だ。

 デールマンはジャンプを得意としており、冒頭に2連続3回転トーループを決めるなど、ほぼ完璧な演技を披露した。16歳でソチ五輪に出場したデールマンは、SPを終えると「(首位に立って)とても興奮している」と話した。

 一方のトゥルシンバエワは、147センチと小柄な体形を存分に生かした軽快なスケーティングが持ち味。軽快な飛躍で、すべてのジャンプを成功させた。

 今大会は強豪のロシアを筆頭とする欧州勢は出場していない。来年の平昌五輪では、不甲斐ない日本勢に代わって、名コーチの教え子2人がロシア勢の対抗馬になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る